スポンサーリンク

これだけは、必要です。ゴルフの小物(アクセサリー)

ゴルフの小物(アクセサリー)は色々あります。

絶対に必要な物とあると便利な物があります。絶対に必要なのは、ティとマーカーです。(スコアカウンタは有れば便利です)

え!「ボールが有ればいいやん」ですって。。では、なぜ必要かを説明しましょう。

スポンサーリンク

ティ

スポンサーリンク

ティグラウンドか特設ティからボールを打つ時に使用します。俗にティアップと言うやつですね。

もしティを持っていなかったら、地面に直にボールを置いて打つことになります。俗に「直ドラ」と言うやつです。

「直ドラ」は、プロの方でも飛ばすのは難しいです。と言うかあえて「直ドラ」をする人はいません。

ロングホールで1打目がまったく飛ばす距離が残ってしまった場合に、起死回生の一撃を放つ為に「直ドラ」をしている人を見ました。

結果は、ダブってまったく飛んでいませんでしたが。。

スポンサーリンク

ティを使用するのは、理由があります。ティグランドも平坦に見ますが実は微妙な起伏があります。

ティを使用すえば、ボールを平坦に置く事が出来ます。なのでクラブのフェースに当て易くなります。

クラブのフェースに当てる事が出来れば、気持ちよくボールが飛んでいきます。

初心者の方もフェース(特にスイートスポット)に当たった時と外れた時の感触の違いは、何度か感じていると思います 。

平坦な場所に置いて、ボールを水平に打つ事がボールを真っすぐ飛ばす事の第一歩です。

その為に、必要なのがティになります。

残念ながら2打目からは使用する事が出来ません。使用出来る場所では、使用する事をお勧めします。(1打目以外は、グリーンに乗るまでボールを触ったら駄目です)

使用出来る場所は「ティグラウンド」の他に「特設ティ」と書きましたがコースデビューされていない方は「特設ティ」?となったと思います。

あまり行きたくない場所です。

1打目がOBになった場合、本来はティグラウンドより一緒に回っている組の人が全員打ち終わったら、再度、打ちます。(1打罰が付くので3打目です)

スポンサーリンク

ただ、打ち直しだと時間が掛かります。初心者の方は打ち直しても、OBになる可能性が高いのです。(1度OBになると何故か同じ方向にボールが行きます)

その為に、プレー時間の短縮を目的に殆どのゴルフ場が「特設ティ」を設定しています。

1打目がOBになった場合に打ち直しではなく、ホールの少し進んだところにある「特設ティ」より打ちます。

本来のゴルフのルールではなく、ゴルフ場のローカルルールです。なので有名なゴルフクラブは、「特設ティ」は設定していません。(殆どが会員制のゴルフ場です)

そして「特設ティ」より打つのは2打目では、ありません。

  • パー5の場合、4打目として打ちます。
  • パー4の場合、4打目として打ちます。
  • パー3の場合、4打目として打ちます。

なんか、おかしくないですか?そうです!全て4打目として打ちます。パー3の場合は既にボギーです。

ゴルフ場によっては、パー3の場合は3打目として打つ所もありますが、「プレーイング4」と呼ばれるように4打目として打つゴルフ場も結構あります。

パー3で「特設ティ」行きになったら、スコアがボロボロになります。

話が脱線しましたが、ティが大切なのを判って頂けましたでしょうか。

では、ティの選び方ですが色々なティが各社から出ています。初心者の方は、迷うと思いますがティの種類より使い方に気を付けて下さい。

スポンサーリンク

ドライバーで使用する場合は、ロングティを使用します。フェース面よりボールが3分の1出るぐらいにロングティをセットして下さい。

ティによっては、同じ位置を設定出来るようになっているティ(段差みたいな感じになっている)も有りますが、初心者の方は自分に合う高さの位置が判らないと思うので、調整出来るティの方がいいと思います。

何ラウンドかするうちに、次第に自分に合った高さが判ってくると思います。無理にティの高さに合わせるより、自分の打ち易い高さを見つけるべきです。

また、ドライバーを打つ時は、ティの設定の仕方により弾道が変わってきますので慎重にティアップして下さいね。

ティが高すぎるとテンプラ(ボールが高く上がる事)、低すぎるとトップ(ボールが地面を這うように飛ぶこと)になります。

フェアウエイウッドやユーティリティ、アイアンで使用する場合は、ショートティを使用して芝生から少し浮くぐらいの高さにします。ロングティほど慎重にならなくてもいいです。

ショートティは、極端に高くしない限りテンプラにはなりまません。

また、ショートティを使用するクラブは打点(ボールが当たって欲しいポイント)が低いので、ティが低くてもトップになりにくいです。

マーカー

スポンサーリンク

マーカーは、買った方がいいのかと言うと…微妙ですね。

ボールがグリーンに乗った時に自分の打つ順番になるまで、ボールの代わりにグリーンに置いておく目印として使用します。

他の人が打つ時に、自分のボールが邪魔にならないようにする為です。

必ず使用しますが、ゴルフ場でプラスティック製のマーカーが無料で貰えます(パターのグリップの先頭に刺せる様になっている)、なので敢えて買わなくてもいいのです。

また、私の知り合いは、小銭をマーカー代わりに使用してました。

私の場合は、マーカーを3個ぐらい持って行きます。

グリーンで大叩きしてしまった時とかに、気分転換に、次のホールからマーカーを変えるようにしています。

まぁ、気持ちの問題ですね。ガラスのハートですからメンタル弱いんですよね、私。

ゴルフは、メンタル面もスコアに影響します。

嫌な流れを、次のホールに持って行きたくないのです。

必ず買う必要は有りませんが、各メーカーから色々な物が出てるので気に入ったのがあれば、買ってみるのもいいと思います。

スコアカウンタ

スポンサーリンク

通称「カチカチ」です。初心者の頃は、お世話になりました。何に使うかと言うとゴルフの打数を数えるのに使用します。

1打毎にカウントアップします。殆どのメーカーのスコアカウンタがカウントする時に「カチカチ」と音がなるので、「カチカチ」と呼ばれています。

初心者の内は、スコアを気にせずにラウンドをすればいいと思いますが、スコアは数えた方がいいです。

次回ラウンド時の目標になるからです。「今回は、スコア150だから次回は130でラウンドする」とかです。

まとめ

スポンサーリンク

いかかでしたか?

ゴルフの小物は、色々ありますが、今回紹介した「ティ」と「マーカー」と「スコアカウンタ」は、最低限持っていった方がラウンドが楽になります。

ラウンドの出る前に、是非!検討してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました