スポンサーリンク

ゴルフを始めたい人!ゴルフクラブの種類を知ろう!

昔は、紳士のスポーツと呼ばれてました。ゴルフ場の会員でないと予約も取れませんでした。

今は、違います。ハプリックコース(誰でもプレイする事が出来るコース)が、増えました。

また、インターネットで手軽に予約する事も出来ます。

昔はよく、インターネットで予約して、行きましたが、なんとなく行かなくなりました。

システムエンジニアやタクシードライバーは、座ったままの仕事です。運動する事は、ほとんどありません。

当然、運動不足になります。若い頃と違い激しいスポーツは、出来ませんので、心機一転!昔やった事のあるゴルフを再開しようと思います。

スポンサーリンク

日本人なので、形から入ります。まず、道具を揃えます。バラバラで買ってもいいのですが、今回は、セット物を買いました。

ゴルフセット

ゴルフに必要なクラブとキャディバックがセットになってます。内容は、物によりますが、大体こんな感じです。

・キャディバック
・1、5番ウッド
・4番ユーティリティ
・6〜9番アイアン
・PW、AW、SW
・パター

わたしは、ブリジストンの「ツアーステージ V002」を購入しました。初心者から中級者向けのゴルフクラブです。

皆さんの中でも、やってみたいと言う人もいるかも知れません。

ゴルフクラブの種類が、多く違いがよく判らないという方もいるでしょう。

今回は、基本的なゴルフクラブについて書いて見ます。(紹介するクラブの他にもユーティリティやチッパーとかが有ります)

スポンサーリンク

ゴルフ場に持って行ける本数

スポンサーリンク

ゴルフ場に持って行けるクラブの本数は、決まってます。14本迄です。

色々な種類の中から、自分に必要なクラブを選んで持って行きます。

極端な話、ドライバー13本とパター1本でもOKです。(多分、ゴルフになりませんが。)

では、どんなクラブがあるか、紹介します。

長距離〜中距離用クラブ

スポンサーリンク

ウッドと言われるクラブです。1番手〜11番手まであります。(1番手が1番飛距離が出ます)

色々有りますが、一般的に使用されているウッドを紹介すると。

◯1番ウッド(1W)ドライバー

距離が長いホールで、1番始めに使う事が多いクラブです。

距離があるロングコースでは、ドライバーが当たらないと、後々大変な事になります。

距離はでますが、ゴルフクラブの中で、1番シャフトが長くコントロールが難しいクラブです。

ただ、ドライバーが当たって、距離が出たら気持ちいいんですよ!ゴルフの醍醐味、ここに有り!って感じです。

◯3番ウッド(3W)スプーン

中距離用のクラブです。シャフトが長くロフト(ボールが当たる面)も立っているので、とても難しいクラブです。

私は、使いこなせないので使ってません。(そもそも、今は持ってません)

◯5番ウッド(5W)クリーク

クリーク、知っていますか?

海賊艦隊の提督です。

通称「ドン(提督)クリーク」グランドラインに挑むも、王下七武海の「鷹の目のミホーク」の暇つぶしによって、全滅寸前まで追い込まれます。

グランドラインから逃げ帰ったクリークは、お腹を空かして、海上レストランに行きますが、オーナーの「赤脚のゼフ」に、「グランドラインの落武者」と言われます。

強いのか、弱いのか?よくわからない方でした。

しかし、ゴルフクラブのクリークは、使えます。個人の感想ですが、シャフトの長さも丁度よく、ロフト角も程よく寝ています。

中距離〜短距離用クラブ

スポンサーリンク

アイアンと言われるクラブです。番手は、1番〜9番迄であります。

それぞれ、1I〜9Iとアイアンのヘッドに書かれています。

番手が、大きくなるほど、飛距離が短くなります。パー3のショートホールでは、1打目をアイアンで打ちます。

アイアンで、打ったボールが見事にグリーンを捉えた瞬間は!最高です!

その後、パターでカップを狙うも入らず、結局えらいスコアになるのですが。

また、7番アイアンは、全てのクラブの中でシャフトの長さが中間に当たります。

初心者の方は、7番アイアンから練習するのが良いと思います。

近距離用のクラブ

スポンサーリンク

ウェッジと言います。一般的には、
・PW(ピッチングウェッジ)45°
・AW(アプローチウェッジ)50°
・SW(サンドウェッジ)56°
です。

45°とか書いているのが、ロフトの角度です。高い数字の程、フェース面が寝ています。うーん、表現が難しい。。

簡単に言うと、数字が大きいほど、ボールが高く上がって距離が飛ばなくなります。

ウェッジは、色々なロフト角のものが、各メーカーから出ています。

ゴルフの上級者の方は、ロフト角にこだわって色々なウェッジを使っています。

1番大切なクラブ、パター

スポンサーリンク

最後に、1番大切なクラブであるパターです。グリーンに乗った後に使えるクラブは、パターだけです。

ドライバーの1打も、パターの1打も同じ1打です。

パー4のホールで、2打でグリーンに届いても、カップに入れるのに3打打ってしまう事は、よくあります。

スコア(成績の事です。小さい数字の方がいいです)を良くするには、パターで打つ打数を最小限にする必要が有ります。

まとめ

スポンサーリンク

色々なゴルフクラブが有りますが、ゴルフ場行く時に、必ず14本持って行く必要は有りません。14本以下でもOKです。

初心者の内は、色々なクラブで打つより同じクラブを練習して、得意なクラブを作る事が、大切です。

私は、一応14本持って行きますが、使うクラブは、ドライバーとクリーク、7と9番アイアン、ウェッジとパターぐらいです。

半分の7本ぐらいしか使いません。ゴルフ場で、調子を崩して困った時は、得意の7番アイアンで調整します。

ます、得意なクラブを数本作り、それから他のクラブを使用する事をお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました