スポンサーリンク

運動不足解消とダイエットの為、電動アシスト自転車でサイクリング!どう?

どうもー、吉です。

なんとなく最近、運動不足のような気がします。まあ、休日の移動手段は、ほぼ車なのでほとんど歩きませんしね。試しにウオーキングもしてみましたが続きませんね。

微妙に体重が少しずつ増えているんですね~

このままでは、おデブまっしぐらです!そこで悩んだ末に出した結論が「サイクリング」です!大好きな寺社を自転車で巡ります!(自転車は通勤にも使えるしね)

スポンサーリンク

しかし、サイクリングとなると結構な距離を走ります、それに平坦な道ばかりではありません!坂道とかも走らないといけません!(多分)

そこで!購入候補に挙がったのが「電動アシスト自転車」なるものです!

昔は、種類が少なくアシストしてくれる距離も短かったですが、今は種類も増え性能も上がっていますね。

ちょっと、大手2メーカーの電動アシスト自転車を検討してみました。

スポンサーリンク

ブリジストンを検討しよう

スポンサーリンク

正式名称は、「ブリジストンサイクル株式会社」です。

車のタイヤやゴルフクラブでも有名なメーカーです。私のゴルフクラブもブリジストンのツアーステージです。

ブリジストンの電動アシスト自転車の特徴は、「両輪駆動&走りながら自動充電」です。

両輪駆動は、後輪は普通の自転車のように人の力で動きますが、前輪はモーターの力で動きます。「前から引っぱって貰う」感覚で走行がアシストされます。

他にも「センタードライブ」と言って後輪をモーターでアシストするタイプもあります。他もメーカーと同じタイプですね。

スポンサーリンク

そして、最大の特徴が「走りながら自動充電」される仕組みですね。

自動充電されるには、条件がありますが走っている間に、ちょくちょく充電されるので1回の充電で長く走れます。

また、ちょくちょく充電するので「空充電(バッテリー残量0%)」と「満充電(バッテリー残量100%)」の状態を防ぎ、バッテリーの負担を軽減します。バッテリーが長持ちすると言う事ですね。

スポンサーリンク

走りながら自動充電」の動作条件ですが、メーカーのホームページによると下記のようです。

  • ブレーキ回復充電機能
    左ブレーキをかけた時
  • 下り坂自動回復充電機能
    ペダルを漕がない状態で、ペダル停止時の速度または、左ブレーキレバーを離した時の速度を上回る場合
  • 平地自動回復充電機能
    ペダルを停止した場合

他にも細かい条件があるようですが、だいたいこんな感じですね。

パナソニックを検討しよう

スポンサーリンク

日本の代表的なメーカーですね。松下幸之助さんが創業者したメーカーです。

パナソニックの電動アシスト自転車の特徴は、「エコナビ」ですね。

自転車で走っていると、平坦な道ばかりではありません。上り坂や下り坂など状況が変化します。その走行条件によって、アシストする力を自動的にコントロールします。

最適なアシスト力にする事により、バッテリーの消耗を最低限にして1回の充電で長距離走行を可能にしているのですね。

スポンサーリンク

因みに、アシスト方法の切り替えも当然可能です。

坂道が続く場合は「パワーモード」、長距離を走りたい場合は「ロングモード」に切り替える事が出来ます。

後は、ちょっとした機能なんですが、「ラクイック」と言って「キー」が「電子キー」なんですね。

例えば、電子キーをカバンに入れたまま出さずに「電源のオン」と「後輪サークル錠」の解除が出来ます。朝の忙しい時や雨の時には、嬉しい機能です。

結論は?

スポンサーリンク

「ブリジストン」、「パナソニック」の電動アシスト自転車を検討しましたが、どちらも良いですね。

しかし!ブリジストンの「走りながら自動充電」機能は魅力的ですね。

個人的な感想ですが、私が購入するならブリジストンかな~

しかし、目的がダイエットなのに電動アシスト自転車でアシストして貰ってダイエットになるのかな。。

タイトルとURLをコピーしました