スポンサーリンク

薬師三尊が安置されている、法相宗大本山の『薬師寺』へ

どうも、吉です。

去年の冬より暖かい日が多いので活動しやすいです。

寒いと家から出たくありませんからね、ひきこもってしまいます。

さて今回は、『新薬師寺』に続いて『薬師寺』に行って来ました。

何枚か写真を撮ったので、アップしましたが・・・

曇り空だったので、写真の写りが悪いです(私の腕のせいかも知れません)

スポンサーリンク

薬師寺

薬師寺は、奈良市の西ノ京にある法相宗の大本山です。

三人の天皇により創建されます。発願から堂宇の完成までは、こんな感じです。

680年に『天武(てんむ)天皇』により発願されます。

697年に『持統(じとう)天皇』によって本尊開眼されます。

そして、『文武(もんむ)天皇により堂宇が完成するのです。

しかし、完成した場所は、今の場所ではなく飛鳥に建立されました。

今の場所に移って来たのは、710年の平城遷都の時です。

薬師寺の伽藍図を見ましたが、薬師寺の寺域は広いです。

伽藍は、大きく『白鳳伽藍』と『玄奘三蔵院伽藍』に分かれています。

どうも、拝観料が要るのは『白鳳伽藍』だけのようです。

私は、車で行きましたので駐車場から近い南受付で、拝観料を払いました。反対側に北受付もあります。

南受付を過ぎるとすぐに『中門』があります。左右に仁王様・・・

カ!カラフルです。多分、今まで見た仁王様の中で一番カラフルだと思います。

カラフルな仁王様の間を通り、中に入ると正面が『薬師三尊像』が安置されている『金堂』です。

『金堂』に向かって右側が『東塔』です。現在は、解体修理中でした。(2020年4月迄)

『東塔』とクレーン車のコラボは、あまり見る事がありませんから、これは貴重かも知れません!

左側にあるのが『西塔』です。

『東塔』は、黒を基調とした古風な雰囲気ですが、『西塔』は朱色と緑色を基調にしていて鮮やかな感じです。

実は、『東塔』は白鳳時代に造営されたもので国宝に指定されています。

対する『西塔』は、享禄元年に焼失してしまいました。現在の『西塔』は、昭和56年に再建された物なんです。

なので、二つの塔の雰囲気が異なっていたのですね。

『金堂』で、『薬師如来』『日光菩薩』『月光菩薩』を拝観した後、『大講堂』で本尊である『弥勒三尊像』を拝観します。

『大講堂』は、伽藍最大の建造物です。

残念ですが、人が多かったので写真が撮れませんでした。

でも天気が、イマイチでしたので撮れてもイマイチな写真だったと思います。

次に『食堂』へ向かいましたが、残念な事が発生です!

ガーン!!『食堂』には公開期間があるようです。残念ですが仕方ありませんね。

名残を惜しみながら『白鳳伽藍』を後にして『玄奘三蔵院伽藍』へ向かうことにしましょう。

北受付より、一旦『白鳳伽藍』から出ます。道を挟んですぐのところが『玄奘三蔵院伽藍』です。

何で、玄奘三蔵(三蔵法師)の名前の伽藍があるのかと思っていたら、法相宗の始祖が玄奘三蔵だったのですね!

うーん、勉強不足でした。

『礼門』から中には入れませんが中には、『大唐西域壁画殿』や『玄奘塔』があります。

いつか拝観したいですね。

薬師三尊(やくしさんぞん)

薬師寺の『金堂』に安置されているのが『薬師三尊』です。

中尊の『薬師如来』の左側に『日光菩薩』右側に『月光菩薩』が安置されています。(仏像安置形式の一つです)

薬師如来の左右の菩薩は、如来になる為に、薬師如来に脇侍として仕えています。

日光菩薩と日光菩薩は、単独で祀られる事はありません。対で祀られます。

しかも造形が似ているので間違い易いです。

後書き

今回は、久々に古都・奈良に行きましたが、京都とは異なった良さがありますね。

いい意味で時間が、"まったり"と過ぎていくような感じです。

平日は、仕事に追い回されています。

休日は、仕事の事を忘れて京都や奈良で、ゆっくり休んでエネルギーチャージです。

法相宗大本山・薬師寺

【所在地】
〒630-8563
奈良県奈良市西ノ京町457

タイトルとURLをコピーしました