スポンサーリンク

室町幕府を開いた、足利歴代将軍の菩提所!等持院へ

皆さんは、足利一族をご存知ですか?

そう、室町幕府を開いた一族です。

室町幕府は、京都に開かれた武家政権です。

なので京都には、室町幕府ゆかりの寺院が沢山あります。

有名な所では、足利義満(よしみつ)の別荘で後にお寺になったで「金閣寺(鹿苑寺)」でしょう。

有名どころの金閣寺は、また次の機会として、今回は世間では少しマイナーですが、歴史好きの中では結構有名な、足利幕府の歴代将軍の菩提所!

等持院(とうじいん)」です。

スポンサーリンク

足利一族と京都

スポンサーリンク

足利尊氏が開いた室町幕府は、京都にありました。

源頼朝が開いた鎌倉幕府は、名前の通り鎌倉です。

しかし足利氏の本拠地は、関東です。

なので、幕府を開くのなら源頼朝にならって鎌倉に開くのがいいのですが、当時の政局的な事で京都を離れる事が出来ませんでした。

実は、尊氏が幕府を開いた頃は、朝廷が2つに分かれていたのです。

足利一族が擁する北朝と、後醍醐天皇率いる南朝です。

後醍醐天皇率いる南朝は、奈良県の吉野を拠点として、足利尊氏が擁立する北朝と対立してたんですね。

なので、京都を離れると南朝に攻められる恐れがあって、遠い鎌倉の地で幕府を開く事が出来なかったのです。

足利将軍家の菩提所・等持院

スポンサーリンク

京都市の北区にある「等持院(とうじいん)」は、臨済宗天龍寺派の寺院です。

室町幕府の歴代将軍の菩提所として知られています。

応仁の乱や火災で、たびたび被害にあいましたが、豊臣秀吉も息子である秀頼に再建を命じたほど、武家政権に重んじられていました。

近くには、石庭で有名な「龍安寺(りゅうあんじ)」や世界遺産の「仁和寺(にんわじ)」があります。仁和寺は、徒歩約20分(2キロ弱)なので少し遠いかな。

創建は、1341年です。足利尊氏が、夢窓国師 (むそうこくし) をお迎えして開山したのが始まりです。

ちょっと話は逸れます、「夢窓国師」ですが、朝廷から高僧に贈られる「国師」を生前と死後を合わせて、7度も歴代天皇から贈られています。すごい方ですね。

等持院を訪問した目的は、ズバリ!

霊光殿(れいこうでん)に安置されている、室町幕府の歴代将軍像です!

霊光殿には、足利尊氏が信仰していた、「利運地蔵尊」を本尊として、達磨大師、夢窓国師、室町幕府の歴代将軍像や江戸幕府の初代将軍・徳川家康の像が安置されているのです。

但し、 歴代将軍の内、第5代の義量(よしかず)と第14代の義栄(よしひで)は除かれています。

徳川家康の像は、京都の裏鬼門である京都府八幡市の「石清水八幡宮」にあったのですが、廃仏毀釈後に等持院に移されたのです。

なので、室町幕府の歴代将軍と江戸幕府の初代将軍の像が、コラボしているのですね。

スポンサーリンク

しかし・・・残念な事が・・・高山寺に続いて・・・

またも、改修中でした!

うーん、やはり調べてから来るべきでしたね。

仕方ないので、今回は庭園を散策です。

庭園は、結構広いです。池の周りをぐるっと一周するように歩道が整備されてます。

庭園を散策していると、鳥がいました!鶴かな?

うん、多分・・・鶴だな。

アート風にも撮ってみました。

しかし、最近は計画不足で修復中が多いですね。次回から事前に調べてから参拝する事にします。

でも、人が少なくて庭園をゆっくり散策出来たのは良かったですよ。

御朱印も頂きましたよ。

臨済宗天龍寺派 等持院

所在地:〒603-8346
    京都市北区等持院北63番地
最寄駅:京福北野線
    等持院駅より徒歩約10分

タイトルとURLをコピーしました