スポンサーリンク

魚を食べに!若狭へGo!

美味しい魚を食べたくなったので若狭へ行きます。

おいおい、4コマ漫画を考えなくていいのか?

もう一度言います。美味しい魚が食べたいです!

・・・

美味しい魚を食べに本日は、若狭湾へやってまいりました。私は、大の魚好きで外食した所にお刺身定食があると結構な確率で注文します。(お肉も好きですが)

今回の旅は、日帰りバスツアーです。私は、車好きなので旅行や出掛ける時は、だいたいは愛車のノートで行きます。なので久々のバスツアーです!バスは、阪急バスの観光バスでした。乗り心地は良さそうかな。

こんなバスです

では~若狭に向かってGo!!!

道の駅「京丹波 味夢の里」

大阪を出発して、約2時間弱~やってきました、行きの休憩地点!道の駅「京丹波 味夢の里」。比較的新しい道の駅です、京都縦貫自動車道からも一般道からもアクセス出来ます。京都縦貫自動車道はSAがないので食事や買い物が出来るのは、多分ここだけです。(おトイレも)今回は、バスツアーのトイレ休憩で寄ったのであまり時間がありませんでしたが、ここの道の駅は、お土産エリアが充実しているので名産品の買い物に、もってこいの場所です。また、直ぐ隣に古墳 (塩谷古墳(しおたにこふん)公園) がある珍しい道の駅です。

  • 名称:京丹波 味夢の里
       (きょうたんば あじむのさと)
  • 住所:622-0232
       京都府船井郡京丹波町曽根深シノ65-1
  • 電話:0771-89-2310
若狭みかた きらら温泉 水月花

味夢の里を出発して約1時間~本日のメイン!昼ご飯です!昼ご飯の場所は、「水月花」です。ここは、町営の旅館みたいですね。席に着くと色々料理が並んでいました。

まずは、お刺身です。イカがコリコリしてました!コリコリです!ねっとりではありませんよ(スーパーで安いイカの刺身を買うとねっとりしてます)ゲソも生でコリコリしてました。そして甘かった。甘えびは、写真じゃ見えないですが卵が付いてます。これも美味しい!しかも一緒にいった相棒2人が甲殻類が食べれないから頂きました。甘えび1人当たり3匹なので計9匹頂きました!(しかし、甲殻類が駄目という事は、カニも駄目という事ですね、人生損してますね)

そういえば・・・一時期ですが、私も生海老を食べた時にアレルギー反応を起こして唇が痒くなって腫れた事がありました。何か、めげずに食べてると治ったようです。

お鍋と鰻蒸篭(うなぎせいろ)です。お鍋には、赤魚?と河豚、ホタテが入ってました。あっさりした塩味です。そして、鰻です!肉厚たっぷりで、柔らかい鰻です!はあ~昼間から美味しいものをたくさん食べれて幸せです。他にも、冷やし蕎麦(多分、梅を混ぜてます)や鯖(シメサバの酢味噌あえ)等、色々頂きました。。満足です。。

  • 名称:若狭みかた きらら温泉 水月花
  • 住所:福井県三方上中郡若狭町海山51-13
  • 電話:0770-47-1234
レインボーライン(天空のテラス)

昼ご飯を満喫した後は、観光です。レインボーラインに行って来ました。レインバーラインには、三方五湖(三方湖(みかたこ)、水月湖(すいげつこ)、菅湖(すがこ)、久々子湖(くぐしこ)、日向湖(ひるがこ))を一度に見る事が出来る高台があります。しかし残念ながら今回は、時間の都合で途中までしか行けませんでした。団体行動のバスツアーなので仕方ありません。 三方五湖 の内、海に近い日向湖は海水で、海から遠い三方湖は淡水です。

バスツアーは、団体行動。協調性が大切です

途中の所だったのですが、とても綺麗だったので満足です!

今回、旅した若狭は戦国時代、越前国でした。越前守護職の朝倉家が代々(何と11代も)治めていましたが、朝倉義景の代に、近江国(今の滋賀県)の浅井長政と一緒に織田信長に対抗しましたが、力及ばず滅亡してしまいます。因みに、信長と一緒にに上洛した足利義昭と明智光秀は、信長の所に行く前は、朝倉家に居ました。義景に上洛の意思が無さそうなので織田家に行ったと言われています。

あー、楽しかった。大阪に帰って4コマ漫画でも考えるかな。年内に1話出来たらいいな~

タイトルとURLをコピーしました