スポンサーリンク

ご存知ですか?タクシードライバーの勤務形態、なかなか種類があります!

皆さんの中で、先々タクシードライバーを目指そうと思っている方もいると思います。今回は、タクシードライバーの勤務形態について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

昼日勤

スポンサーリンク

一般のサラリーマンの方に近い勤務形態です。1日8時間勤務で、1時間の休憩があります。標準的な勤務時間は、7:00~16:00や8:00~17:00になりますが、会社によっては出社時間に融通が利きます。勤務日数は、月22~24乗務です。(隔週週休二日かな)

日中勤務ですので夜勤に比べれば、トラブル(酔っ払いに絡まれる等)に巻き込まれる事は少ないと思います。

但し、早朝から昼前にかけて売上を上げないと昼以降は、売上を上げるのが厳しくなります。16:00(17:00)で勤務終了なので、帰宅途中のサラリーマンを狙う事も出来ません。売上を上げるのは、難しい勤務形態でもあります。

また、タクシー会社も昼勤務ばかりのドライバーでは、会社として成り立ちません。

タクシーを稼働させて売上を上げる為、基本的に24時間タクシーを走らせたいのです。なので、昼勤務と夜勤務のドライバーがバランスよく揃っているのが理想です。

昼勤務希望でタクシー会社に入っても状況によっては、別の勤務形態になる可能性はあります。

夜日勤

スポンサーリンク

夜勤務は、多分1番売上が上げやすいです。PM6:00~AM2:00(会社によって異なります)が勤務時間になります。勤務日数は、昼勤と同じ 月22~24乗務です。

帰宅時間帯に当たるので、帰宅途中のサラリーマンや買い物帰りの主婦層もターゲットに入ります。また、飲み会が終わったサラリーマンも気持ちが大きくなっているので、長距離が期待出来ます。(その分、絡まれる等のリスクもありますが)

また、深夜割増料金も有りますので売上は上げやすいと思います。

深夜割増料金について

PM10:00~AM5:00までの間、通常の時間帯の料金の2割増しになります。正確には、距離や加算距離が2割短くなります。皆さんもこの時間帯にタクシーに乗った時にメーターが早く上がっている感じがしませんでしたか?

隔日勤

スポンサーリンク

タクシー業界では、主流の勤務形態です。サラリーマンの方には馴染みがないと思います。1日で2日分(昼日勤+夜日勤)働きます。次の日は、休みです。(明番といいます)

2日分働くので、勤務時間は長いです。約20時間働きます、その内の3時間が休憩時間です。

勤務時間は、色々ありますのが
AM7:00〜AM3:00
とかです。(長いでしょ)

この勤務形態、正直慣れるまでしんどいです。但し慣れたらメリットもあります、勤務の翌日が休みになりますので、趣味とかに使うことが出来ます。

勤務日数は、明番があるので少ないですね、11〜13乗務になります。

タクシー業界に入ったばかりの人は、昼日勤もいいですが隔日勤務もいいかと思います。

自分が得意な時間帯が解るからです。昼に売上が上がるようなら昼日勤に、夜に売上が上がるようなら夜日勤にと、自分が得意な時間帯を見つける事です。

最後に。

スポンサーリンク

タクシードライバーは、色々な勤務形態があり勤務形態によって売上が変わります。

大手の会社は、無理かも知れませんが中小のタクシー会社は勤務時間に融通がきく会社が沢山あります。

自分のペースて仕事をしたいなら、中小のタクシー会社を選ぶのも良いかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました